銀行と消費者金融、どっちのカードローンがいいの?

カードローンサービスを提供している会社は、大まかに分類すると3つの会社に分かれます。まずは消費者金融、そしてクレジットカードのキャッシング枠、最後に銀行の少額融資です。銀行はカードローンなどを行っていなかったのですが、現在では保証人などが不要のローン商品の扱いを開始しているところが多いそうです。


銀行系カードローンのメリット

銀行が行っているカードローンは、利息が消費者金融よりも安いと言われることが多いそうです。これは返済でかかる負担が少ないことから、非常に大きなメリットといえます。また貸金業法ではなく銀行法では、年収によって決まる借り入れ金額の上限がないので、限度額が高いことも考えられます。ただし、審査が消費者金融よりも厳しいと言われることもあるそうです。


消費者金融のメリット

もともと、カードローンのような融資は消費者金融がほぼ専門的に行っていました。そのため、審査のスピードやノウハウなどは消費者金融のほうが豊富にあると言われています。消費者金融では貸金業法の規制で年収の3分の1までしか借り入れが出来ませんが、審査は銀行よりも優しいと言われることも多くあります。またスピード審査などの面では審査の速さも消費者金融のほうが早いという意見もあるといわれているそうです。


Comments are closed.

Copyright © 2012 カードローンはどう選ぶべきか. All Rights Reserved.