キャッシングで一番優れているカードローンの中でも、さらに優れているのが銀行カードローンです。
消費者金融のカードローンはどれも、スピード審査や即日融資といったスピーディーな提供が売りです。
しかし、スピーディーなのはどこも同じで利便性や金利もほとんど変わらないので、その中から絞って1つを選ぶとなるとなかなか決定打がありません。
では、消費者金融のそれと比べると銀行のものはどのような点で優れているのでしょうか。


銀行カードローンは低金利+利用限度額が高額

銀行のカードローンは、消費者金融のものと比べると金利が低い上に、利用限度額がとても高く設定されています。
それにもかかわらず、最短30分審査や即日融資といったスピーディーなサービスを兼ね備えています。
はっきり言うと、消費者金融の上位互換とも言えます。
その代わり、審査そのものは通常のキャッシングと同じく若干厳しいようです。


銀行は総量規制の対象外

消費者金融が年収の3分の1をオーバーするキャッシングができないのに対して、銀行はオーバーするキャッシングが可能です。
なぜなら、銀行には総量規制がないからです。
2010年に改正された新貸金業法によって、貸金業者の中でも消費者金融と一部の業者は年収の3分の1をオーバーするキャッシングが出来ないように定められています。
これは、利用者が借金を重ねないようにするための対策の1つです。
そのため、そのような高額の借り入れを希望する方は銀行カードローンを利用しましょう。


カードローンでは即日審査やスピード融資という商品の人気が高いそうです。審査を終えてから融資を振り込むまでの時間がかからないことから、緊急時にも直ぐにお金を借りることができると言われています。また審査もインターネットからすぐに申し込めるので、場所を問わずに利用できるというのも、大きなメリットだと言われています。


カードローンの限度額とは

カードローンには限度額というものが存在します。この限度額は、ここまでなら融資をしますよという上限のことです。この上限までであれば、カードローンの返済がまだ終わっていない状態でも、追加借り入れは自由に行えます。審査も必要ありません。つまり、限度額は高いほど自由に、便利にカードローンが利用できるということです。


即日審査では限度額が低いことも

即日審査などでは、審査に賭ける時間を最低限にすることでスピードを保っています。そのため、過去にお金を借りたことがない、その会社を利用したことがない、となると、収入面で安定していても、実際にお金をきちんと返してもらえるかどうかという点で、判断が難しいこともあるのです。このような場合には、限度額を低くして融資を行うと言われています。返済をきちんと行うと、限度額は上がることもあるそうです。


あれもやれこれもやれと何でも要求してくる旦那さんに対して不満に思っている身重の専業主婦の方は沢山いらっしゃいます。今まで働いていてもお子さんを身ごもると出産に向けて育児休暇を得なければならないのでお母さんになる女性はお金を稼ぐことが出来なくなります。
安定期に入れば在宅での仕事が出来るだろうなどと言う方もいますが、大きなお腹を抱えたままでやる家事や仕事がどれだけ大変か。

今回は知り合いが体験した家計を助けるためのカードローンについてご紹介致します。


夫の理解度で全てが変わる

出産の際に亡くなる方もいる程出産はとても身体に負担をかけます。ホルモンの乱れによるストレスや体調不良に対応することもとても大変で、子どもを産むということがいかに大変なことか改めて気づかされる瞬間です。
そういった状態なのにも関わらず誰でもバンバン産んでいるのだから問題ないだろうという旦那さんがいます。知り合いの旦那さんがそういう人間だったので妻である友人はとても苦労しました。
「稼いで来ているのだから文句は言わせないし、女性は皆子どもを産める身体として生まれたのだから問題ない」と普通に言うのです。しかしそういう旦那さんの稼ぎは多い訳ではなく、友人が育児休暇をとっている間とてもじゃないが生活出来ない・お金がないせいで気持ちにも余裕が無くなったという理由でカードローンを利用したのです。それによって一時的に生活費を得ることは出来ましたが、カードローンを利用したことについて旦那さんはよく思わず、結局は喧嘩の原因と後々の借金のみを生み出す結果となってしまったのです。


カードローンは二人三脚が大切

会社に行って上司や部下に挟まれ揉まれ大変な思いをしているのはとても良くわかりますが、だからと言って妻を理解せず出産は女の仕事だという態度をとるのはとても酷い話です。家事や育児や外での仕事に役回りが固定されている訳でも、ましてや男性だから女性だからという決まりもありません。しかし出産は女性にしか出来ないため旦那さんが変わりに行うということは出来ませんが、一緒に頑張るということは出来ます。
カードローンはとても便利で利用しやすい金勇商品ですが、お子さんが生まれた後にカードローンの返済まで加わるとなると生活が更に大変になっていきます。金融商品は利用方法次第では生活を安定させることが可能です、しかし今のことだけを考えてその後の未来を重視せずに利用すると後で返済に苦労した際に「なんであの時借金したのだろうか」と後悔することにもなります。

結婚をして夫婦で色々なことを乗り越えるということはお互いにお互いを支え合うということです。相手にだけ負担をかけないように自分でもきちんと負担を背負い協力してお金の問題を解決することをおすすめします。


年金生活者でも利用できるカードローンはあるのでしょうか?そんな質問が多くあります。お金を借りるということに抵抗がある方も多い世代です。ただ、突然にお金を必要になる場合もあるでしょう。もしものときを考えて、カードローンの知識を持っておくことは決して損な話ではありません。


<年金受給者は増えています>

子どもの数は減っています。逆に、人口全体で高齢者の方が増えているのはさまざまなニュースなどでご存知でしょう。増えているということは、その方たちへのサービスを提供する会社も多くなっているのが実情です。これからも増えていくでしょう。そのなかにカードローンも含まれています。すでに年金受給者向けのプランを売りにしている金融機関もあり、他の会社も追従していくはずです。


<年金受給者向けカードローンの注意点>

2点あります。ひとつは年金の受給額です。これによって借り入れの限度額が決まってきます。自分がどれほどの年金をもらっているのかチェックしておきましょう。もうひとつは年齢です。年齢制限があります。これはどうすることもできません。プランに掲載されている年齢の条件を確かめてください。この2つさえ気をつければ、カードローンを利用できます。もしものときに安心して利用してください。


消費者金融と銀行からお金を借りることが出来ますが、皆さんはどちらからお金を借りているのでしょうか?
消費者金融の方が利用しやすくて、銀行は審査が厳しいからと避けている人が多いみたいですが、それはどうでしょう。
言われてみれば、誰だって審査が厳しいとカードローンを利用したいとは思い難いかもしれませんが、逆に考えてみては。
審査が厳しいという事は、その分安心して今後利用していくことが出来るのではないでしょうか?


カードローンのデメリットについて

お金を借りる際、デメリットもありますが逆に考えてみることでメリットになることもあります。
もちろん、デメリットのままだと言うものもありますが、少しだけ考え方を変えてみてはいかがでしょうか?
カードローンについて知ってから利用する方がいいですから、事前に確認できることはきちんと確かめるようにして下さい。
審査に時間がかかってしまう事もデメリットですが、その分きちんと確認してくれているわけですからいいと思います。


色々な部分に注目しよう

借りる事ばかり考えているのではなくて、返済日や返済の仕方、金利などについても注目しましょう。
即日融資をしてもらえるところでも、返済方法が違ったり金利が違いますから、自分に合った場所を選ぶように。
また、積極的に借入診断を行なって見極めていくようにしていきましょう!


皆さんがカードローンを発行するきっかけとなるのはどういったときでしょう。使い道が非常に自由なので何でも使ってもかまわないのです。どういったきっかけがカードローンを利用する好機となるでしょうか。当然ながらギャンブルなどの浪費関係は除外されます。


<親類が亡くなった時>

親類が亡くなると、いろいろなお金が必要となります。葬式もそうですか亡くなった場所にもよれば医師にも診断書を作ってもらわないといけない場合が出てきます。そして、こういった亡くなるときと言うのは今や病院だけではなくある突然亡くなることも結構多くなってきている事なのです。急な出費が必要であり貯金もそれほどない人にとっては親類が亡くなるというのは大変な負担になるのです。そういったときに急ごしらえの資金調達法としてカードローンは優れています。即日融資も可能ですし収入がしっかりしていればお葬式の費用ぐらいは借りることができます。


<大きな記念的な買い物をする場合>

旅先などでどうしても、記念となるようなお土産を買いたい場合、多額な出費がかさむものです。そういったときにもカードローンは利用できるでしょう。せっかくの旅行で安値が付けられている商品を買うのも考えものです。高価な買い物をしていい思い出にしたいという場合の資金調達法としてもカードローンは優れています。


最近では、女性専用のカードローンがあるのですが皆さんは知っていますか?
女性の中には、相手が男性だと緊張してしまって話しにくいという人や家族に知られたくないという人もいますよね。
そういった人にはレディースローンがおすすめです。
スタッフの人達も女性が多いので話しやすいですし、相談などもしやすくていいですよ。
相手が女性だと精神的にも安心ですから、落ち着いて振る舞う事が出来るでしょう。


女性専用のカードローン審査は?

女性専用のカードローンだからといって審査が甘くなったり緩くなったりすることはありません。
そこはきちんと平等に審査を行ないますので、安心して任せて良いです。
確認されるのは年齢や住所・勤務先や年収についてですので、覚えておいてもらえたら嬉しいです。
勤続年数などもチェックされますので、1年未満の人は気を付けて下さい。


返済について知りたい

カードローンを利用したら返済はしっかりする必要があります。
自分で借りた金額を返すのは当たり前のことだと思いますから、責任をもって返すようにしましょう。
毎月の返済日を守って延滞などしないようにして下さいね。
また、自分が無理なく返済のできる金額を借入するようにしましょうね。
返せないことを分かっているのに借入をしてしまうのは、絶対にやめること!


カードローンサービスを提供している会社は、大まかに分類すると3つの会社に分かれます。まずは消費者金融、そしてクレジットカードのキャッシング枠、最後に銀行の少額融資です。銀行はカードローンなどを行っていなかったのですが、現在では保証人などが不要のローン商品の扱いを開始しているところが多いそうです。


銀行系カードローンのメリット

銀行が行っているカードローンは、利息が消費者金融よりも安いと言われることが多いそうです。これは返済でかかる負担が少ないことから、非常に大きなメリットといえます。また貸金業法ではなく銀行法では、年収によって決まる借り入れ金額の上限がないので、限度額が高いことも考えられます。ただし、審査が消費者金融よりも厳しいと言われることもあるそうです。


消費者金融のメリット

もともと、カードローンのような融資は消費者金融がほぼ専門的に行っていました。そのため、審査のスピードやノウハウなどは消費者金融のほうが豊富にあると言われています。消費者金融では貸金業法の規制で年収の3分の1までしか借り入れが出来ませんが、審査は銀行よりも優しいと言われることも多くあります。またスピード審査などの面では審査の速さも消費者金融のほうが早いという意見もあるといわれているそうです。


カードローンを利用される際に、落とし穴について知っておかれるのが良いかと思います。
カードローンを使う方が陥りやすい落とし穴は、返済に対する考えが甘くなってしまいがちということだそうです。
利用する前は不安な気持ちもあるかと思うのですが、実際に借りてしまうとその安心感が広がってしまい返済についても疎かになってしまったり、再度借入をしてしまったりと。
恐らく一度借りたことにより安心して気が緩んで、借入を増やしてしまうのではないかと思います。
そうならないように気を付けるようにして下さいね。


カードローンの計画を立てよう

一番良いのはカードローンを利用する前に、計画を立てておくことだと思います。
きちんと借入金額をはじき出して、果たしてその金額が本当に必要なのか考えてから借入をして返済計画を立てるのが良いですね。
ある程度返済計画を立ててからご利用されることをおすすめします。
何事も余裕をもって行動することが大事だと思いますので、なるべくそういった計画を立てるようにしましょう。
不安な方がいましたら担当者やスタッフの方に相談されてみることをおすすめします。


年齢制限ってあるの?

カードローンを利用する時に年齢制限ってあるの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、年齢制限はきちんと設けられています。
20歳~65歳までとされているのがメインだと思います。
最年少は20歳からで最年長では60歳ところもありますので、その場所によって変わってくるかと思います。
年齢制限の理由としては、借入を行なって返済できるような安定した収入を得ているのかどうかということにあります。
年齢が高くなってしまいますと年金収入しかありませんので、このような年齢制限が欠けられているのだそうですよ。


よくクレジットカードを持っておくと良いと聞きますが、それはいざという時にとても保強い存在だからだと言えます。
では、クレジットカードを持っていたらカードローンは必要ないのでしょうか?
いえいえ、カードローンもいざという時には非常に頼もしい存在ですので持っておかれると便利だと思います。
頻繁に使うのはよくありませんが、いざという時の為にカードを持っておかれると良いかと思います。


カードローンはどんな時に使うの?

カードローンは手元に現金が無いけれど、急に必要になってしまったという時に使うものですから、頻繁に使うものではありません。
クレジットカードはお金の代わりになるものですから、それでお会計をするもの。
ですから、カードローンも必要なんだと思います。
いざ何かあってお金が必要になった時などには非常に助かる存在なんです。
普段から使ってしまいますと、それが癖になってしまったりしますので、気を付けることが大事だと思います。


返済について

また、ご自分が借りた金額はしっかり返済するようにしましょう。
借りる際にこのくらいだったら余裕をもって返済できる、などとよくお考えになってから利用されることをおすすめします。
ご自分の返済能力を超えた金額を借入しないようにして下さいね。
返済が遅れたりしてしまいますと、信用問題に影響してきますので返済日に必ず返済するようにしていただければと思います。


カードローンって何?と思っている方も中にはいらっしゃるかと思いますが、ATMや現金自動支払機からカードで現金を引き出して融資を受ける事の出来る利用方法です。
自由に借入や返済を行なう事の出来る比較的少額の個人向け融資のことをいいます。
ですから、いちいち窓口へ出向かなくてもご自宅から近いATMに行くだけで済ますことが出来ますので、非常に便利で良いかと思います。
ですが、便利だからといって利用しすぎるのは良くありませんので計画的に余裕を持つようにしましょう。


カードローンの特長について

カードローンの特長は、無担保・無保証人で借入が出来るようになっているところだと言われていますので初めての方でも安心してカードローンを利用することが出来ます。
急用などの時には手間や時間がかかりませんので、とても助かるのではないかと思います。
住宅ローンなどは、あらかじめ利用目的が決められていますが、カードローンの利用目的は自由ですのでお好きなことに使う事が出来ます。
ですから、困った時に利用するとか好きなものを買いたいなど利用目的は本当に自由になっています。


借入・返済の繰り返し可能

カードローンの借入や返済は繰り返しが可能となっていますので、そこも嬉しいところですね。
ご利用限度額の範囲内でしたらATMなどから自由に借入を行なう事が出来ます。
また、契約されたご利用限度額範囲内であれば全額の返済が無くても、繰り返し借入をすることが出来ます。
返済もいつでも自由に行う事が出来ますので、もちろん返済もしっかりするようにしましょう。
信用を失う事の無いように、そしてご自分の無理が無いように事前に本当に必要な金額を利用して返済する計画を立てるようにして下さいね。


Copyright © 2012 カードローンはどう選ぶべきか. All Rights Reserved.